スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアという困った病気があります。皆さんご存知のダックスに多い病気です。
毎日のように見る病気なんですが、手術をするべきかしないべきか、非常に迷うことが多い病気です。立てないダックスがいると、オー手術やーと喜んで手術をして、2-3週間で立って歩けるようになると、「うーん、俺って名医やよなあ」と思っていました・・・・

でも、どうも最近の感覚としては、俺が名医なんじゃなくて、手術せんでも勝手に治ってるケースがほとんどなんじゃないだろうか?と思うようになってきました。

誤解のないようにいっときますが、もちろん手術が必要な子はいてます。それでよくなってることは間違いないんですが、手術で回復するスピードがアップするのと、手術による侵襲のダメージとどちらが大きいのか?

たぶんそんなことで、低侵襲な手術法や、レーザー治療なんかがはやってきてるんでしょうが、ほんとに手術が必要な症例というのは実はかなり数は少ないんじゃないだろうかと思ってる今日この頃です。

でも、ヘルニアで立てない症例は二次診療施設に行ってしまう事が多く、そこではまず、手術が行われてしまうでしょうから、ホントのことはなかなかわかりませんねー。

人間ではブロック注射という局所麻酔で対処することが多いようです。ヒトとは違うでしょうが、それも検討してみたいですね。

松岡
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

まつおか動物病院

Author:まつおか動物病院
阪南市のまつおか動物病院の院長以下スタッフがつづる病院日誌です。

よければ病院ホームページも見てくださいね↓↓

まつおか動物病院HP


広告

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。