スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫌な事件だったね…

先日当院の小グマ2頭の目と鼻が食いちぎられるという痛ましい事件が起きました。

犯犬の目星はついているのですが、鈴來先生の名誉のために、ここで名前を出すことは控えさせていただきます。

DS1.jpg

モザイク無しバージョンはこちら




















※注意※ ショッキングな画像が現れます




















グロ画像が苦手な方や心臓の悪い方はお引取りください




















クリックで大きくなります
DS0.jpg














…せんセぃ












…キ先生















…鈴來先生


















DS2.jpg
スポンサーサイト

ネブライザー

n (0)


鼻づまり猫ちゃんに朗報です。
今月から当院でもネブライザーを導入しました。

n (1)

ネブライザーは吸入器を用いることで霧状にした薬を、患部に直接到達させることができる治療法です。鼻、気管、肺などの呼吸器の病気に対して効果を発揮します。
猫以外にも犬でも使えます。


【使用方法】
ネブライザー用の箱に入ってもらいます。
n (2)


ネブライザーから薬がでることを確認します。
n (3)


接続します。
n (4)


箱の中に薬が充満していきます。
n (5)


モクモクになります。中は暖かく快適なので意外とおとなしい。約10分間吸入。
n (6)


終わるとちょっとしっとりしているので、体を拭いてあげます。
n (7)


まだ導入間も無いのでやってる子は少ないですが、風邪で鼻づまりが酷い子などは結構すっきりしている様子でした。

一度試してみたい方はお気軽にどうぞ。

ゆるキャラ

院長が熊本に行ってきたのでお土産もらいました。

CIMG1504.jpg



熊本オリジナルゆるキャラのくまモンのボールペンです。

くまモンは2011年のゆるキャラぐらんぷりで1位にもなった有名なキャラクターですよ。

kuma.jpg


僕としてはにしこくんに1位になって欲しかったですが、残念ながら3位でした。

nishiko.jpg

西国分寺に行くことがあったら、院長ににしこくんストラップを買ってこようと思います。

nishiko2.jpg



コメントがありがとうございます

昨日、2009-07-25の『安楽死について』という記事に対してコメントがありました。

(以下抜粋)
 私はある大学の獣医学部の推薦で面接を受けるために今動物のことについていろいろなことを調べているところです

 そこで安楽死についても自分なりに考えてみたのですがやはり経験や知識がないせいか、

 もし自分が獣医師となって安楽死を頼まれたらどうするか?

 という問いにどうしても答えることができません

 そこでお願いがあるんですが安楽死を頼まれた際にどの様なことを考えるか教えてもらえないでしょうか?



まず、こんな真剣な子がウチのブログを見ていた事におどろきです。
ハッピーターンがどうとか書いてすみませんでした。

いろいろな考え方があると思うので、みんなの意見を聞いてみましょう。

僕は、ケースバイケースですが基本的に『やりたくない』と思っています。

駒井先生
安楽死には3通りあると思います。
①動物に対する治療
②飼い主さんに対する治療
③人間のエゴ
治らない病気で命はあっても苦しみだけしかない子には
苦痛を和らげるという意味で安楽死は最大の治療だと思います。
③をなくすことが僕たちの仕事だと思います。  

秋吉先生
 本日お休み

副院長
 こんなところで、こんなナイーブな問題について、個人的意見を
 堂々と書いていいのかわからないですが、せっかくの機会なので・・・・・。
 動物はどんなにしんどくても、死にたくなることはないと思います。
 それでも、ぼくは安楽死は必要だと思っています。
 獣医の仕事は、動物を通じて、周囲の人間を幸せにすることだと
 思っているからです。
 周囲の人間のために、動物を殺すのか!という批判もあるかもしれませんが、
 その子のことが本当に好きで、悩みぬいて決断しはったのだろうと、
 信じて、安楽死をします。
 
院長
 今、精神的に病んでいるので、旅行から帰ってきてからゆっくり考えて返事します。
 試験には間に合わないかも知れません。

とまあ、人それぞれです。

お答えになっているでしょうか?

他の病院の先生にも聞いてみてくださいね。

ハッピーターン

さて、ヒトは何のために働いているのでしょうか?幸せになるため?・・・いや

「ハッピーターンです。」

悲しいかな、一度味を知ってしまうと、これがないと生きていけません。

CIMG1476.jpg

ハッピーターン(英名:Happy Turn)とは、亀田製菓が製造・発売しているおせんべいである。

一見普通のお菓子であるが、そのおせんべいについている粉は、合法麻薬の一種として知られている。

粉の単独摂取は中毒を引き起こす原因となるので、間違っても袋に残った粉や手についた粉を舐めてはいけない。

2011年現在、この粉は合法である。

しかし、「取り締まるべきだ」という議論も起こっており、単独摂取の規制を目的とした「特定製菓類付属の粉末状調味料単独摂取に関する法律(いわゆる、ハッピーターンの粉単独摂取禁止法)」が2007年10月に3分の2以上の賛成を得て衆議院で可決された。

また一部の地方自治体では、この法律の施行を見込んで取り締まりを前倒ししているところもある。

(出展・アンサイクロペディア)


当院でも中毒者が続出しており、ハッピーターン専用ボックスが設置されました。

これにより病院には常にハッピーターンがある状態にしておかなければならないという暗黙の了解が出来上がっています。

CIMG1474.jpg

CIMG1475.jpg

↑この程度の量ではあっという間になくなってしまうので(主に院長と副院長の仕業)、早急に補充しなければなりません。

皆さんもハッピーターンの乱用にはくれぐれもご注意ください。
プロフィール

まつおか動物病院

Author:まつおか動物病院
阪南市のまつおか動物病院の院長以下スタッフがつづる病院日誌です。

よければ病院ホームページも見てくださいね↓↓

まつおか動物病院HP


広告

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。