スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JAHAセミナー 三日目 

いよいよセミナーも最終日

天満研修センターに行くのも最後です。

ずっと座っているからなのか、姿勢が悪いのか

左肩甲骨と右膝に鋭い痛みが走っています。




最終日の講義内容は

猫の末端肥大症

コントロールが難しい犬と猫の糖尿病患者


です。




猫の末端肥大症
 いままでほとんどないと思われていたが、意外と多いことがわかってきた。糖尿病患者の1/4で末端肥大症があるといわれている。下垂体からの成長ホルモンの異常分泌によっておこる。
 典型的な症状は顔面の幅が広くなる、下顎が出てくる、歯間が広がる、四肢末端が大きくなる、多食、体重増加。併発疾患は糖尿病、インスリン抵抗性、変形性関節症、心筋肥大。コントロール不能の糖尿病があるにも関わらず、体重が増えてくる症例で疑わしい。ただし、典型的な症状を示さずに成長ホルモンの異常分泌を起こしている場合もある。
 診断にはIGF-1を測定する。IGF-1は初期では上がっていないことがあるので、数週間、数か月ごとに再測定が望ましい。糖尿病ではルーチンに測定すべき。なぜなら末端肥大症があると糖尿病コントロールが難しくなり、長期寛解が望めないということが事前にわかるからだ。さらに成長ホルモンの分泌には波があり、その都度インスリン量を調節しなければならなくなる。また、下垂体腫瘍にたいしてアプローチできるかもしない。そして末端肥大症はわりと多くいるということだ(尿路感染症の2倍いるとさえ言われる)。
 治療には放射線療法、下垂体摘出術、内科療法がある。現実的に可能で効果があるのは放射線療法のみ。放射線療法を選択できない場合にはインスリン療法で維持する。この場合の目的はQOLの改善であり、血糖値のコントロールではない。無理に血糖値をコントロールしようとすると高用量のインスリンが必要になり、成長ホルモン分泌量が下がっているタイミングでは低血糖症を起こしかねない。ほとんどの場合、インスリングラルギンを8~10U/BIDで維持できる。末端肥大症ではケトアシドーシスを起こすことはまれである。
 予後は腎臓病や心疾患、重度跛行を起こして死亡、安楽死を選択される。
 バーミーズは遺伝的に糖尿病を起こすので、末端肥大症の検査はしない。

犬の末端肥大症
 下垂体腫瘍はまれ。プロジェステロン誘発性の乳腺から成長ホルモンの過剰分泌が起こる。治療は避妊手術。また、甲状腺機能低下症に関連することもある。TSHの分泌促進により下垂体細胞に変化が起こることで成長ホルモンを過剰に分泌するようになる。甲状腺機能低下症の治療を行うことで改善することがある。

コントロールが難しい犬の糖尿病
 見直すべき点は、まずはインスリン、食事、運動の3点。そのあとに、飼い主の要因、動物の体の問題、インスリン抵抗性の3点。
 インスリン量の調節は血糖曲線の最下点のみを見て行う。

コントロールが難しい猫の糖尿病
 猫のⅡ型糖尿病とヒトのⅡ型糖尿病の類似点と相違点。
 類似点 … 高齢、肥満、膵臓のアミロイド沈着を起こす、遺伝的素因がある。
 相違点 … 猫はインスリン分泌量も少なくなる(インスリン依存性)、猫はケトアシドーシスを起こす。

 インスリン分泌不足になる原因は、膵臓のアミロイド沈着(アミロイドの元になるアミリンはβ細胞からインスリンとともに分泌される。インスリン抵抗性があると、それを補うために過剰にインスリンが分泌される。同時に過剰に分泌されたアミリンが膵臓に沈着しアミロイドになる。それによってβ細胞の破壊が起こる。)グルコース中毒、脂肪中毒、慢性膵炎である。

 餌は低脂肪食で缶詰のフードのほうが良い。高脂肪食はインスリン要求量を増やすこドライフードが直接m、糖尿病の原因なるわけでもないし、高脂肪食がインスリン抵抗性を起こすわけでもないが、ドライフードや高脂肪食は肥満の原因になる。療法食は血糖値を下げるので食べられるなら食べたほうが良い。ただし好みがあるので食べてくれないなら市販のフードでもよい。その場合、炭水化物の割合が12%以下であることが必要。他の病気で食事療法をしているのなら、そちらを優先すべき。その時は缶詰のフードのほうが炭水化物の割合が低いのでおすすめ。
 
 インスリン療法からの離脱は最初の3-4か月が最も成功しやすい。寛解を得やすいものは、ニューロパシーを起こしていないもの、ステロイド投与で糖尿病になったもの、血糖値のコントロールが良好なもの、糖尿病の期間が短いもの(6か月未満では85%、6か月以上では35%の寛解率)、高齢であるものである。

 モニター方法は、寛解を目指す治療をおこなう集中プロトコールと臨床症状を抑えるだけの治療を行う基本プロトコールによって異なる。集中プロトコールはかなり厳しい管理が必要なので一部の適した猫と飼い主にしか適用できない。(猫の性格、飼い主が手間をかけられる時間、費用など)
スポンサーサイト

JAHAセミナー 二日目

今日も今日とてセミナーに行っております。

勉強の話なんか書くなと言われておりますが(主に院長に)

それ以外にネタもないので仕方ないのです。




さ~て、二日目の講義内容は?

谷口です。

長年使っていた家のパソコンの動きがもっさりしてきたので

思い切って買い換えることにしました。

ずっとデスクトップ派だったんですが、ノートパソコンにしてみたら

意外と快適で使いやすいです。

やっぱりSSDは静かで早くていいですね。

さて、今日は

ナトリウムおよびカリウム異常の診断

電解質水分バランスが障害される内分泌疾患の管理


内分泌性高血圧および副腎腫瘤へのアプローチ

の3本です。

つらつらとまとまりなく書くので、飛ばして読んでくださいね。

じゃん・けん・ポンウフフフフ




ナトリウム、カリウムの異常を起こす病態
 高張液の喪失 → 低Na、細胞外浸透圧低下による症状
 等張液の喪失 → 浸透圧は変わらず
 純水の喪失 → 高Na、細胞外浸透圧上昇による症状
 低張液の喪失 → 中程度のNa上昇

アジソン病
 非常に非特異的な症状を示す。ストレスで状態悪化、また検査値にも影響を及ぼすので、検査前に推測でアジソン病と判断し、治療と検査を開始する(アジソン病を疑う根拠は必要)。脱水、ショックを呈しているのに徐脈になっていることがある(通常はショックだと頻脈になる)。ずっと治らない消化器症状はアジソン病を鑑別診断に入れて、ACTH刺激試験を行うべき。白血球のストレス像(リンパ球増加、好酸球増加)が見られないこともひとつの判断材料。循環血流量が低下するので高窒素血症を起こす。Na/K比 <15が目安。レントゲンで心臓の縮小、巨大食道があることも。また、コッカースパニエルでは副腎の石灰化を起こすことがある。副腎のサイズは一般的に腹背方向で3.2mm以上なら機能は正常だが、それより大きくなっているアジソン病もいた(腫瘍による破壊)。また、正常でもそれより小さいこともあった(ステロイドを投与されている犬など)。
 とにかく、しっかり検査をして最もよい推測をすることが必要。もっとも重要な鑑別診断は初期の慢性腎臓病。高窒素血症、高K、高IPがあるから。一般的にアジソン病は慢性腎臓病にくらべてBCSがあまり悪くないことが多い。
 アジソンっぽい症例が具合が悪くなってきたら、まず輸液。それから採血して一般検査とACTH刺激試験を行う。アジソン病疑いのときは30分後にpostの採血(できるだけ早くステロイドを投与したいから)。その後、ステロイドを投与。具合が悪い症例にはアジソン病を必ず鑑別診断リストに入れておくことが大切。
 10%はグルココルチコイドのみの欠乏を起こすpostのアルドステロン値を測定することで、グルココルチコイドのみの欠乏か、ミネラルコルチコイドの欠乏があるのか判断する材料となる。

高アルドステロン血症の猫
 実はわりといる。慢性腎臓病と症状が似ているので見逃されているかもしれない。高血圧、失明(高血圧による)、低K、たまに高Na、高窒素血症、虚弱などなど。診断にはアルドステロン増加とレニン減少を見つけること。ただし、今のところ猫での検査は難しい(とくにレニン測定)

副腎腫瘍で起こること
 皮質腫瘍 … クッシング症候群、アジソン病(腫瘍による副腎組織の破壊のため機能低下)、高アルドステロン血症、性ホルモン分泌、コルチゾール前駆体分泌
 髄質腫瘍 … カテコールアミン分泌

 プロジェステロン分泌性副腎腫瘍では、プロジェステロンを測定すると高値になっているが、それが下垂体性の分泌過剰なのかどうかを鑑別するすべはない。
 コルチゾール前駆体分泌腫瘍ではコルチゾールの上昇は見られないが、前駆体の17-ハイドロキシプロゲステロンが上昇する。17-ハイドロキシプロゲステロンはその他のいろいろな疾患でも上昇するため特異度はあまり高くない。

副腎の偶発腫はどうする?
 1cm以上の副腎の偶発腫が3748頭中151頭でみつかっている。
 そのうち手術を行った20頭中6頭が悪性、14頭が良性だった。
 腫瘍が大きければ大きいほど、悪性の可能性が高かった。

 手術をしないことのリスク … 転移、血管浸潤、破裂、出血の危険性がある。種々のホルモン分泌による障害が起こる。

 手術をすることのリスク
 … 罹患動物のおおくは高齢であることが多いので、手術による死亡率、合併症発生率が高い。費用もかかる。また腫瘍の中には良性であり、非常にゆっくりと拡大することがあるので、何も悪いことをしないこともある。

 他の病気を持っていることがあったり、それぞれの症例でバックグラウンドが異なるので、手術をするか否かの判断はそれぞれの症例で異なる。利点と欠点を十分に話し合って、納得がいく形で治療を開始することが大切。

JAHAセミナー一日目

2,3日前から急に寒くなりだして

1月も半ばを過ぎて、ようやく冬本番という感じです。

そんなクソ寒い中3日連続お休みをいただいて

JAHA国際セミナーに行っております。

今回のテーマは

実際の症例に基づく最新の内分泌学
~複雑な内分泌疾患の解決への糸口を見つけるためには~


講師はDr. Robert Shiel (アイルランドの先生)

講義を聴いてちょっと面白かったところを忘れないうちに書いておく




一日目 犬の副腎皮質機能亢進症


副腎皮質機能亢進症の診断
 必ず臨床症状がある症例のみ副腎皮質機能亢進症の検査を行う。
 診断が難しいので、検査はACTH刺激試験、低用量デキサメサゾン刺激試験、尿中コルチゾール/クレアチニン比の3つを組み合わせて行う。

副腎のサイズについて(腹背方向の長さ)
 たいていはPDHでは両側が腫大、ATでは反対側が萎縮しているが、PDHでも小さいものは5mm程度のことがあるし、ATでも反対側の副腎が5mm程度あることはある。

内因性ACTH測定
 PDHとATの鑑別に有用。検体の取り扱いに注意が(常に冷やす必要あり)
 
トリロスタンによる治療とモニター
 モニタリングはACTH刺激試験で行う。しかし、コルチゾール値と臨床症状には相関性がないので、トリロスタンの薬用量は症状を見て決める。ACTH刺激試験を行うときは、必ず投与後何時間で測定するか決めて行う。(別に2時間後でも4時間後でも6時間後でもいいが、検査のたびに測定する時間を変えてはいけない)
 禁忌は慢性肝疾患、慢性腎臓病、妊娠中、K保持性利尿薬やACE-Iとの併用(ただし、症例によっては仕方なく同時使用しなくてはならない場合もある)

トリロスタンの副作用
 ネルソン徴候 … 下垂体へのネガティブフィードバックが起こらなくなるため、急激に下垂体腫大が起こる。それによって急性の神経症状が起こる(旋回運動、反応性の低下)。グルココルチコイドの投与で治まる。
 副腎壊死 … 下垂体からのACTHが増加するために副腎に出血や壊死が起こる。

コントロールがうまくいかない副腎皮質機能亢進症の治療
 トリロスタンを増量するならACTH刺激試験を行ってコルチゾール値を測る。トリロスタン投与後4時間で測って、コルチゾール値が十分に低いなら、次は投与後24時間で測る。コルチゾール値が高いならトリロスタンをBIDにする。コルチゾール値が低いなら、低コルチゾール血症の危険があるから増やさない。それから、その他の疾患がないかを探す。とくに副腎皮質機能亢進症のときは免疫抑制から尿路感染症や尿結石症をおこし、その症状がPU/PDと間違われるときがある。それらがないなら、トリロスタンをやめてミトタンにしてみるとコントロールが良好になることがある。

典型的ではないタイプの副腎皮質機能亢進症
 副腎皮質機能亢進症の臨床症状があるが、ACTH刺激試験、低用量デキサメサゾン刺激試験では正常値になるタイプ。
 ACTH非依存性副腎皮質機能亢進症 … ヒトで報告あり。コルチゾール産生細胞にはACTH受容体以外の受容体がいくつかある。それらが刺激されてコルチゾールを産生することがある。犬での報告は、食事誘発性副腎皮質機能亢進症。高たんぱく食を摂取後に尿中コルチゾール/クレアチニン比の上昇がみられ、病理検査でコルチゾール産生細胞の受容体に変化があった。
 異所性ACTH分泌性腫瘍 … 肺や腹腔内臓器(肝臓、すい臓)に発生することがある。

その他
 スコティッシュテリアはALPが高くなっている犬種なので、それだけで副腎皮質機能亢進症を疑わないように。
 SARDs(突発性後天性網膜変性症候群)で副腎皮質機能亢進症様の症状が出る。実際に副腎皮質機能亢進症なのは10%くらい。

犬と猫のインフルエンザ その2

昨夜は何をとちくるったのか

夜中にパジャマの上を脱ぎ散らかしていた。

なんとなく暑くなって、寝汗をかいていたのは覚えている。

悪夢を見たのか

自律神経がいかれているのか。。

インフルエンザの話なんか書いたからから

フラグが立ったのかも。。。

ase.jpg





今回は前回の続きで、インフルエンザのお話

ちょっと前に、鳥インフルエンザが流行って

ヒトにも感染するので流行したら大変なことになる、と

ちょっとした騒動になったが

じつは犬インフルエンザというものも存在する




『犬インフルエンザウイルス(CIV)』

H3N8H3N2の2種類があり、現在まで日本での発生はない。

しかし、近隣諸国ではすでに流行地になっているので万が一のために注意が必要

ちなみに動物からヒトへの感染は報告されていない。




H3N8はアメリカ合衆国フロリダ州で、

H3N2は韓国、中国、タイなどのアジアおよびアメリカで発生、流行している。

日本の犬と猫を調べたところ、H3インフルエンザウイルスの抗体を

持っていなかったことが報告されている。

つまり、もし犬インフルエンザウイルスが日本に侵入した場合

急速な流行が起こるかもしれない。





犬インフルエンザの症状は

約20%が無症状、約80%が臨床症状を示す。

症状は軽症型重症肺炎型に分類されるが、

ほとんどは軽症型である。

軽症型はケンネルコフに似た軽い咳と発熱が10~30日続き

たいていは自然に治る。

重症肺炎型は40℃以上の高熱と咳、

呼吸困難、鼻水、沈鬱、食欲不振などを起こす。

1~8%の症例で出血性肺炎で死亡する。



特効薬のような治療法はなく、

点滴などの支持療法と二次感染予防の抗生物質などで治療する。

ヒトインフルエンザ治療薬のタミフルやリレンザは

動物への使用は報告されておらず

効果、安全性、投与量などは不明である。

また、ヒトではこれらの薬は発症48時間以内の

感染初期に使われるもので、

動物の場合は病院に来るころには、

感染から時間がたっていることが多いことと

むやみな投与はウイルスの薬剤耐性を招くので

現時点では動物に対するこれらのインフルエンザ治療薬は推奨されていない。




今のところ、犬インフルエンザは日本になくて

ヒトにもかからないのでそれほど心配はいらないのかも。

でも韓国、中国では流行っているのでいつ入ってきてもおかしくないですね。。



↓↓インフルエンザ予防接種をしつつクリック

犬と猫のインフルエンザ その1

今年もインフルエンザの季節になった

まだまだ、流行はしていない様子だけど

体調管理には十分注意しようと思う



インフルエンザ流行レベルマップ (1月13日現在)

20160117-01.png



そういえば、宗さんがここ2,3日ゲホゲホ言っていたから

インフルエンザじゃあないか

と、冗談で言ったら

宗「今までインフルエンザにかかったこと無いから大丈夫です」

やって。。。

inful1-01.jpg


もう、いいから早よ帰ってビール飲んで寝とき

と、冗談で言ったら

宗「そうですね、消毒せなあかんし」

やって。。。

inful1-02.jpg





ところで犬と猫のインフルエンザについてだが

今までたまに

「ペットに人間のインフルエンザってうつるの?」

と聞かれることがあったので

「ペットには人間のインフルエンザはうつりませんよ」

と言ってきた。

inful1-03.jpg


しかし近年の研究・報告で分かってきたことは

『人間のインフルエンザは
 実はペットにもうつるようである』


ということだ。






inful1-04.jpg










inful1-05.jpg



ヒトの間で流行する季節性インフルエンザの原因は2種類

A型インフルエンザのH3N2とH1N1である。

これらのウイルスが犬や猫に感染する可能性がいくつかの研究で指摘されている。

自然感染例については、猫で報告が多い。

飼い主がインフルエンザにかかった数日後に、飼い猫がインフルエンザ様の症状を示し

その猫からH1N1ウイルスが分離された例がいくつか報告されている。

inful1-06.jpg


犬では自然感染による発症例は今のところないようである。

しかし実験的にH3N2およびH1N1ウイルスを犬の鼻に接種した研究で

感染が成立したうえ、ウイルスの排泄も認められた。

さらに、犬から犬への感染も確認されたことが報告されている。

inful1-07.jpg


ヒト季節性インフルエンザウイルスに対する抗体の保有状況は

日本も含めた世界中で調査されている。

抗体陽性率

犬:1.7~5.0%

猫:1.2~43.5%


もしかしたら、猫はヒト季節性インフルエンザウイルスに対して

感受性が高いのかもしれないようだ。





犬や猫がヒトのインフルエンザにかかった場合の発症率は不明。

しかし、おそらく多くは無症状

あるいは飼い主が気付かない程度の軽い症状であると思われる。

ただし、中には重症化する可能性もあると思われる。

飼い主がインフルエンザになったら、万が一の場合を考えて

ペットとの距離をとることが望ましいかもしれない。




ちなみにヒト季節性インフルエンザウイルスが動物間で流行したことや

動物からヒトへうつったという報告は今のところない。




次回、「犬インフルエンザウイルス」について書きます


↓↓インフルの予防をしつつクリック





パンダを探せ!ネコを探せ!の答え

↓↓クリックしてね↓↓

パンダの答え

ネコの答え

皆、わかったかな?
プロフィール

まつおか動物病院

Author:まつおか動物病院
阪南市のまつおか動物病院の院長以下スタッフがつづる病院日誌です。

よければ病院ホームページも見てくださいね↓↓

まつおか動物病院HP


広告

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。